カフェで友達と映画の感想を語り合うように、
一冊の本について語ってみませんか?
 
参加資格について 

年齢・職業など参加資格は特にありません。「課題本を読み終えて参加すること」が、
  唯一の条件です。(読み終えてない方のご参加はご遠慮ください。)
参加していただく上でのマナーとして
  「正解」や「正しさ」を求めて他の参加者の意見を否定したり
  他の参加者が発言しやすい雰囲気を壊すようなことはご遠慮くだい。
  また、読書会の趣旨から外れた目的での参加(商品の販売・斡旋・ビジネスの勧誘など)
  は一切認めていません。
 
課題本について 

図書館で借りた本を読んでも、手持ちの本を読んでもかまいません。
  かほく市立中央図書館の本が貸出中の場合は、他の図書館から取り寄せ
  (相互貸借といいます)しますので、お気軽にご相談ください。

『トムは真夜中の庭で』
   友だちもなく退屈しきっていたトムは、真夜中に古時計が13も時を打つのを聞き、
   昼間はなかったはずの庭園に誘いだされる。そこで、不思議な少女と友だちになり...。
   
   イギリスの児童文学の代表作。テレビドラマ化や映画化もされている。
   日本でも読まれ続け、小学校6年生の国語の教科書(光村図書)でも紹介されている。
   大人になってからこそ読むべき子どもの本の一冊。

フィリパ・ピアス [1920年−2006年]
   イギリス生まれ。ケンブリッジ大学卒業。英国放送協会で学校放送を担当した。
   1958年に「トムは真夜中の庭で」を発表。同年カーネギー賞を受賞。
   宮崎駿が影響を受けたという外国の児童文学作家の一人。

   
 
読書会ブーム 

「ジェイン・オースティンの読書会」というアメリカ映画があります。
アメリカのテレビドラマの「ゴシップガール」にも読書会(BOOK CLUB)がでてきます。
日本の読書会とはどうも雰囲気が異なるようなので調べてみると、アメリカでは十年ほど前から
読書会(BOOK CLUB)が流行っていて、特にここ数年は隆盛をきわめているそうです。
メンバーの家でワインかコーヒーを飲みながらホームパーティーのように楽しむことが多いようで
ブッククラブのためのレシピ本まででているそうですよ。

前述の映画は読書会ブームを受けてできた映画で原作の小説もあります。
テレビ番組の読書会もあり、取り上げられた本はベストセラーになり
本屋さんにそのコーナーもあるそうです。

さて、その読書会、実は日本でも都会を中心にブームになっています。
2006年に名古屋でスタートした日本最大級の読書会コミュニティでは、スタート以来延べ5,000人
が参加し、東京・京都でも開催されています。その他にも、各地で読書会が開催されています。

また、新聞に投稿する形の読書会やツイッター読書会というのもあるようです。

活字離れといわれる昨今ですが実は密かに読書会がブームとなっています。
   
 

開催歴

  課題本  作者  開催日 
1 銀河鉄道の夜 宮沢 賢治 2012.11.25
2 雪国 川端 康成 2013. 1.20
3 車輪の下 ヘルマン・ヘッセ 2013. 2.24
4 蹴りたい背中 綿矢 りさ 2013. 6. 9
5 彗星物語 宮本 輝 2013. 9. 8
6 星の王子さま サン・テグジュペリ 2013.12. 8
7 色彩を持たない多崎つくると、
彼の巡礼の年
村上 春樹 2014. 3. 9
8 赤毛のアン モンゴメリ 2014. 6. 8
9 白蓮れんれん 林 真理子 2014. 9.14
10 てぶくろをかいに 新美 南吉 2014.12. 7
11 こころ 夏目 漱石 2015. 3. 8
12 精霊の守り人 上橋 菜穂子 2015. 6.14
13 夏の庭 湯本 香樹実 2015. 9.13
14 不思議の国のアリス ルイス・キャロル 2015.12.13
15 下町ロケット 池井戸 潤 2016. 3.13
16 舟を編む 三浦 しをん 2016. 6.12
17 アルケミスト パウロ・コエーリョ 2016. 9.11
18 猫の事務所 宮沢 賢治  2016.12.18
19 秘密の花園 フランシス・ホジソン・バーネット 2017. 3.19
20
夜のピクニック 恩田 陸 2017. 6.29
21
月と六ペンス サマセット・モーム 2017. 9.21 
22 神様のカルテ 夏川 草介 2017.12.15
23 トムは真夜中の庭で フィリパ・ピアス 2018. 3.23


<<TOP

お問い合わせ
〒929-1173 石川県かほく市遠塚ロ57番地6
TEL(076)285-1377 FAX(076)285-1109
MAIL tosyokan@city.kahoku.ishikawa.jp
【メールによるお問い合わせ】
 

copyrightc2012 KAHOKU CITY CENTRAL LIBRARY. All rights reserved.