宇野気区秋季祭礼「獅子祭り」inふれあい通りが開催されました。

平成20年9月21日(日)に、都市計画道路宇ノ気狩鹿野線(通称:ふれあい通り)にて宇野気区の獅子舞を集めた合同演舞が行われました。
この祭りは、平成18年度において、都市計画道路宇ノ気狩鹿野線街なか再生事業において、第1期区間である中町地内(延長約220m)が完成したことに伴い、今回宇野気地区まちづくり推進検討部会の発意により、宇野気区とタイアップし、秋季祭礼で実施される六町会の獅子舞を「ふれあい通り」に集結させて演舞することにより、新たな中心市街地の賑わい創出を図ることを目的に行われたものです。
宇野気区では、本町、大橋、中町、栄町、曙町、旭町の六町会ごとに獅子舞が受け継がれ、毎年9月の秋季祭礼で各町会を練り歩いています。しかし、同じ宇野気神社を氏神としながら、過去に六体の獅子が揃ったことはなく、約40年前に各町内会ごとに獅子舞を奉納し始めて以降、初めて六体の獅子が勢揃いしました。
当日はあいにくの雨模様となりましたが、大勢の来場者を前に六町会の獅子舞が勇壮さを競い、通りは活気に包まれました。


イメージ:宇野気区秋季祭礼「獅子祭り」inふれあい通り(1) イメージ:宇野気区秋季祭礼「獅子祭り」inふれあい通り(2)
イメージ:宇野気区秋季祭礼「獅子祭り」inふれあい通り(3) イメージ:宇野気区秋季祭礼「獅子祭り」inふれあい通り(4)