メニュー

不妊・不育治療支援事業のお知らせ【不妊・不育治療に助成金を交付します】

不妊・不育治療費助成事業

 子どもを産むことを望みながら、不妊・不育症のために子どもに恵まれない夫婦に対して、治療に要する費用を補助することで不妊・不育で悩む夫婦の経済的負担を軽減し、もって明るい家庭の基盤づくりおよび少子化対策の充実を図ることが目的です。          

不妊治療費助成事業
 平成27年度より治療終了まで事前に申し込みをしていただくこととなりました。下記から様式をダウンロードできますので、ご活用下さい。

 治療種類一般不妊治療 特定不妊治療 
治療内容  タイミング療法、薬物療法、手術療法、人工授精など  体外受精、顕微授精 
実施場所  産婦人科・泌尿器科   県が指定する医療機関
助成金額  治療にかかった自己負担額  石川県の助成決定を受けた治療費で、石川県の助成額を除いた自己負担額
助成期間   1回の出産につき、連続する2年間

39歳以下で治療開始の方は6
40歳以上で治療開始の方は3回

43歳以上で治療開始の方は対象外
(通算助成回数早見表)

対象者  ①婚姻関係にある夫婦であること
②夫婦の両方が治療日の1年以上前からかほく市に住所を有し、かつ引き続き申請日現在も在住している方
③医療保険に加入している方
④夫婦合算の年間所得額730万円未満の方 
①婚姻関係にある夫婦であること
②夫婦の両方が治療日の1年以上前からかほく市に住所を有し、かつ引き続き申請日現在も在住している方
③医療保険に加入している方
④夫婦合算の年間所得額730万円未満の方 
申請に必                     要な書類  ①一般不妊支援事業補助金交付申請書 
②一般不妊治療医療機関受診等証明書

※ただし、戸籍上の夫婦であることや所得が市の調査で確認できない場合、必要な書類を提出していただくことがあります。 
①特定不妊治療支援事業補助金交付申請書
②石川県に提出した書類の写し  
・石川県不妊治療費助成承認決定通知書 
・申請に添えた領収書及び領収明細書 
申請期限 治療を受けた日の属する月の翌月の初日から起算して2年間以内に申請して下さい。  治療を終了した日の属する年度内に申請して下さい。※年度とは4月から翌年3月まで。 
備考    石川県の助成制度が優先されます。  石川県の助成決定後、かほく市に申請して 下さい。

※一般不妊治療と特定不妊治療の両方を申請することもできます。
※転入の方で転入前より治療を受けていた方はご相談下さい。
※石川県の特定治療の助成は、指定医療機関が決められています。こちらでご確認ください。 石川県不妊治療費助成事業について



不育治療費助成事業                 

 不育症は妊娠しながらも、流産・死産を繰り返す病気です。専門の医療機関で不育症の診断を受けて治療をされている方に治療費の一部を助成いたします。

治療種類 不育治療 
実施場所  不育治療のできる医療機関 
助成金額  1回の妊娠につき最高で30万円 
対象者  ①婚姻関係にある夫婦であること
②治療日から引き続き市内に住所を有する方
③医療保険に加入している方
④夫婦合算の年間所得額730万円未満の方  
申請に必                     要な書類 ①かほく市不育治療支援事業補助金交付申請書
②不育治療機関受診等証明書
③医療機関より発行された領収書  
※ただし、戸籍上の夫婦であることや所得が市の調査で確認できない場合、             必要な書類を提出していただくことがあります。 
申請期限  治療を終了した翌日から3ヶ月以内に申請して下さい。 

ダウンロード



お問い合わせ

市民部 健康福祉課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ71番地2
TEL:076-283-7120
FAX:076-283-4116
E-mail:kenkou@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?