メニュー

子ども医療費の窓口無料化について

平成28年1月診療分から


18歳までの子どもの医療費 窓口無料化を実施します!

~受給資格登録がお済みでない方はお手続きください~

 

かほく市では、子育て家庭の利便性を高めるため、平成28年1月診療分から、
子どもの医療費(一部負担金部分)の窓口負担無料化(現物給付方式)を実施します。
医療機関窓口で『保険証』と『子ども医療費受給資格者証』を提示すると、
保険診療負担分が窓口無料になります。                

平成27年12月診療分まで

平成28年1月診療分から

医療機関など窓口でお支払い

領収証を添付して給付申請

口座への振込みにより助成

医療機関など窓口で受給資格者証を提示

 

 

 

◇◆支払い、申請がなくなります!◆◇

 


□■対象■□


 かほく市に住所がある0歳~18歳到達後最初の3月31日までの子ども

 ひとり親家庭などの、20歳未満で児童扶養手当法施行令で定める程度の障害の状態にある者

 (他の公費負担制度により、医療費の全額助成を受けている者を除く)

 ※ひとり親家庭などの子どもは、平成27年9月30日まで『ひとり親家庭など医療費受給資格者証』を
  交付していましたが、平成28年1月1日より、『子ども医療費受給資格者証』を交付します。

 


□■受給資格者証の交付と手続きについて■□


・受給資格登録済みの方は、手続きの必要はありません

 受給資格者証は、平成27年12月下旬に郵送により交付します。

 

未登録や、住所・保険証などの内容に変更がある場合は、手続きをしてください

(現在高校3年生相当年齢の方は、未登録になっている方が多いです)

期限

平成27年11月20日(金)

受付場所

かほく市役所 保険医療課

       高松サービスセンター

       七塚サービスセンター

手続きに必要なもの

・子どもの健康保険証

・認印

・振込口座確認のため、預金通帳
 (受給資格者証を使えない場合もあるため)

 


!!!注意してください!!!


□■受給資格者証が使えない場合もあります■□


〇健康保険が適用にならないものや入院時の食事代は助成対象外となります。

  ⇒別途窓口でお支払いが必要です。(薬の容器代、文書料、予防接種の費用など)

〇他の公費負担医療制度(※)の適用を受けられる場合は、現物給付の対象になりません。

  ⇒これまでどおり、他の公費負担医療制度の証を窓口で提示してください。

〇入院の場合、「限度額適用認定証」の提示がないと現物給付にならない場合があります。

  ⇒「限度額適用認定証」については、ご加入の健康保険者にお問い合わせください。

〇県外の医療機関は、現物給付の対象になりません。
 また、県内の医療機関においても、現物給付に対応していない場合があります。

〇整骨、接骨、鍼灸院は現物給付の対象になりません。

〇学校や保育園などでの負傷や疾病など、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害給付の対象となる場合は助成対象外となります。

  ⇒学校や保育園などに申請してください。

 


□■以下の場合は、これまで通り、かほく市へ給付申請をすることで■□
□■医療費の助成が受けられます■□


・他の公費負担医療(※)に該当する場合

・子ども医療費受給資格者証を提示せずに受診した場合

・県外医療機関などの現物給付に対応していない医療機関で受診した場合

・整骨、接骨、鍼灸院で受診した場合

 

(※)他の公費負担医療・・・小児慢性特定疾患・未熟児養育医療・育成医療など

 


お問い合わせ

市民部 保険医療課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-7123
FAX:076-283-3761
E-mail:hoken@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?