メニュー

固定資産税の減額措置について(半島振興法)

固定資産税の減額措置について(半島振興法)

 

 かほく市は半島振興法の規定により半島振興対策実施地域として指定されており、事業のために新設、または増設された一定の要件を満たす資産は、固定資産税の減額措置(不均一課税)を受けることができます。

 

対象となる事業

対象資産の取得価額要件

製造業又は旅館業
(下宿営業を除く)

・個人又は資本金の額等が1,000万円以下の法人
 →500万円以上


・資本金の額等が1,000万円超~5,000万円以下の法人
 →1,000万円以上


・資本金の額等が5,000万円超の法人
 →2,000万円以上

 

 この制度による固定資産税の減額措置の適用を受けるためには、原則毎年1月31日までに申請書を税務課へ提出する必要があります。

 適用されることとなった場合、対象資産に課税される固定資産税が、初年度は1/140、2年目は1/4、3年目は1/2に減額されます。

 なお、申請の際には「半島振興における産業振興機械等の取得等に係る確認申請書」の提出が必要です。(下記リンク参照)

 制度の詳細や申請の方法などについては税務課資産税係までお問い合わせください。

ダウンロード


関連リンク


お問い合わせ

総務部 税務課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-1114
FAX:076-283-3761
E-mail:zeimu@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?