メニュー

個人住民税のしくみ

個人住民税のしくみ
納税義務者について
   個人市民税は、その年の1月1日に市内に住所があるか、あるいは事務所又は家屋敷等がある人で、前年の所得金額に対して課税され、通常、住民税として個人県民税と同時に課税されます。
 年税額は、均等割額と所得割額から計算されます。
   
区分 市内に住所がある人 市内に住所は無いが、事務所事業所又は家屋敷のある人
均等割
所得割 ×
均等割について
  均等割額は、個人市民税が年額3,500円、個人県民税が年額2,000円です。
※個人県民税については、いしかわ森林環境税500円が上乗せされております。

また、平成26年度より10年間、防災・減災事業の財源として市民税・県民税の額がそれぞれ 500 円増額となっております。
     
所得割について
  所得割額の一般的な計算方法は次のとおりです。
   
所得割額=課税標準額×税率-税額控除額
課税標準額=総所得金額-所得控除額
  ※所得控除には、雑損、医療、社会保険料、小規模企業共済等掛金、生命保険料、損害保険料、障害者、寡婦(夫)、勤労学生、配偶者、配偶者特別、扶養、基礎控除があります。
税額控除=調整控除、配当控除、外国税額控除、住宅借入金等特別税額控除、寄付金控除
  ※平成19年度より定率減税は廃止されました。
税率=市民税6% 県民税4%
  ※これまでの所得割の税率は所得額に応じて3段階の累進課税でしたが、税源移譲に伴い、平成19年度より所得割額の多少に関わらず一律の税率となりました
所得割の分離課税について
   所得割を計算する場合、原則としてすべての所得を合算して計算します。これを「総合課税」といいます。
 ただし、退職所得、土地・建物や株式等の譲渡所得、先物取引にかかる雑所得、山林所得については、他の所得と分離して課税する特例があり、これを「分離課税」といい、税率は次のとおりとなります。
   
区分 市民税 県民税
長期譲所得(一般分) 3.0% 2.0%
長期譲渡所得(優良住宅分) 所得金額2,000万円以下 2.4% 1.6%
所得金額2,000万円超 3.0% 2.0%
長期譲渡所得(居住用財産分) 所得金額6,000万円以下 2.4% 1.6%
所得金額6,000万円超 3.0% 2.0%
短期譲渡所得(一般分) 5.4% 3.6%
短期譲渡所得(軽減所得分) 3.0% 2.0%
株式等に係る譲渡所得等 3.0% 2.0%
上場株式等に係る譲渡所得等 3.0% 2.0%
先物取引等に係る雑所得 3.0% 2.0%
※「譲渡所得」のうち、譲渡所得した年の1月1日において、所有期間が5年を超える土地・建物等に係るものが「長期譲渡所得」、5年以下であるものが「短期譲渡所得」といいます。
※上場株式等の配当等及び譲渡所得等に係る軽減税率が平成25年12月31日で廃止となりました。
非課税措置について
   所得に応じ次のとおり非課税の範囲が設定されています。
   
区分 扶養無の人 扶養有の人
均等割 所得28万円以下 所得
(給与収入で)93万円以下 28万円×(扶養人数+1)+16万8千円
(年金収入で65歳未満)98万円以下
(年金収入で65歳以上)148万円以下
所得割 所得35万円以下 所得
(給与収入で)100万円以下 35万円×(扶養人数+1)+32万円以下
(年金収入で65歳未満以下)105万円以下
(年金収入で65歳以上)155万円以下
 その他、次の人には均等割、所得割とも課税されません。
 ○生活保護法により生活扶助を受けている人
 ○障害者、未成年者、寡婦又は寡夫で前年中の合計所得が125万円以下の人
※年齢65歳以上で、前年の合計所得金額125万円以下の人の非課税措置は廃止されました。
 なお、平成17年1月1日現在において、65歳以上の人で前年の合計所得金額が125万円以下の人の住民税については、平成18年度は3分の1の額を課税、平成19年度は3分の2の額を課税、平成20年度からは全額課税されます。


お問い合わせ

総務部 税務課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-1114
FAX:076-283-3761
E-mail:zeimu@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?