メニュー

浄化槽の維持管理と法定検査

浄化槽の維持管理と法定検査

 

◆浄化槽の維持管理と法定検査について

 浄化槽については、浄化槽法に基づき設置者に保守点検、清掃、法定検査が義務づけられています。

 

●保守点検

 浄化槽の点検、調整、修理の作業です。「浄化槽管理士」の資格を有し、県知事登録を受けた業者に委託してください。

 

●清  掃

 浄化槽内に生じた汚泥などの引き抜きや調整、機器類を洗浄する作業です。

許可を受けた業者に委託してください。

 

●法定検査

 浄化槽法に基づき、次の2つの検査が義務づけられています。

 

. 設置後の水質に関する検査(浄化槽法第7条)

浄化槽を使い始めて、3ヶ月を経過した日から5ヶ月の間に受ける検査です。

 

2.定期検査(浄化槽法第11条)

毎年1回、保守点検や清掃が適正に行われ、浄化槽の機能が発揮されているかどうかを確認する検査です。

 

※なお、詳細については(社)石川県浄化槽協会 にお尋ねください。

 

公益社団法人 石川県浄化槽協会

921-8043 石川県金沢市西泉5丁目93番地 TEL076-241-7781

石川県浄化槽協会ホームページ

 

 


お問い合わせ

市民部 防災環境対策課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-7124
FAX:076-283-1115
E-mail:kankyou@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?