メニュー

【お知らせ】耐震改修促進事業助成制度について

かほく市木造住宅簡易耐震診断費助成金交付制度


お手持ちの現況図面やチェック表、外観写真によって耐震性(評点)を算定します。簡易耐震診断によって算定される耐震性はあくまでも参考値となりますのでご注意下さい。かほく市既存建築物耐震改修工事費等補助金の耐震診断費補助についてはこれまで通り継続しますので、耐震改修をお考えの方は、既存の補助制度をご利用のうえ、補強計画を目的とする耐震診断を実施して下さい。

⇒簡易耐震診断とは

対象となる区域


対象となる区域は、かほく市内全域です。

 

対象となる建築物


対象となる建築物は、在来軸組構法による木造の地階を除く階数が2以下の戸建て住宅(延べ床面積の2分の1以上を住宅の用に供しているものに限る)で、昭和56年5月31日以前に建築され、又は工事に着手したものです。

 

対象となる方


助成金の交付を受けることができるのは、対象となる建築物を所有し、自ら居住している方で、市税を完納している方です。

 

 

助成金の額


建築図面

床面積

診断費用

助成金額

自己負担額

あり

 

200平方メートル以内

50,000円

全額

200平方メートルを超える



53,000円

全額

なし
(現地調査を希望する場合)

200平方メートル以内

 
90,000円

 
85,000円

 

5,000円

200平方メートルを超える

 
93,000円

 
88,000円

 

5,000円

 

手続きはどうするの


申請書に必要書類を添えて受付期間中にお申込ください。

⇒手続きの流れ
⇒助成金交付申請書
⇒住まいの自己チェック表
⇒市税の未納がない証明書(様式)

かほく市既存建築物耐震改修工事費等補助金交付制度

対象となる区域


対象となるのは、かほく市全域です。

対象となる方


補助金の交付を受けることができるのは、対象となる建築物を所有し、自ら居住している方で、市税を完納している方です。 ただし、耐震改修工事費補助金については、前年の所得金額が690万円を超える方(※)は交付対象とはなりません。 ※建築物の所有者が複数(共有名義)の場合は、それぞれの所得金額を持分で按分して算定します。

 

補助金の額



耐震診断の場合
     ・・・耐震診断に要する費用の10分の9(限度額10万円)

耐震改修工事の場合
     ・・・重点地区:耐震改修に要する費用の3分の2(限度額70万円)
     ・・・一般地区:耐震改修に要する費用の3分の2(限度額50万円)

重点地区とは、市が指定する重点路の道路境界から民有地に向けた45度の延長線上と道路境界までの区域をいい、一般区域とは重点地区以外をいいます。

 

手続きはどうするの


補助制度を利用される場合は、耐震診断や耐震改修工事を実施する前に交付申請する必要がありますのでご注意ください。


⇒手続きの流れ(耐震診断費補助金)
⇒手続きの流れ(耐震改修工事費補助金)
⇒補助金交付申請書
⇒市税の未納がない証明書(様式)


お問い合わせ

産業建設部 都市建設課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-7104
FAX:076-283-7108
E-mail:toshiken@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?