メニュー

唐仁屋三郎兵衛

白尾灯台

紹介動画はこちら




 唐仁屋三郎兵衛は元和6年(1620年)に生まれたとされ、その天才的な商才で北海道、九州、さらには朝鮮半島や中国、インドにまで船を出し、貿易によって多くの富を得ていたといいます。

 伝説によると、ある日、家人が希望するので、三郎兵衛は自身が所有するいろは48文字を冠した48艘の船を白尾の海に並べ、その威容を示そうとしたところ、たちまち暴風が発生してすべての船が転覆し、三郎兵衛は一夜にして破産した、と伝えられています。

写真 唐仁屋三郎兵衛が船を失った白尾の海と日和山

日和山


    お問い合わせ

    教育委員会 生涯学習課
    929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
    TEL:076-283-7137
    FAX:076-283-3643
    E-mail:syougai@city.kahoku.ishikawa.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?