メニュー

県指定史跡 気屋遺跡

基準となる土器が出土した遺跡

 

気屋遺跡

 

                                                  
かほく市気屋気屋遺跡の遠景

 

縄文時代後期の遺跡です。

 

 高畠と呼ばれる丘陵の南向きの緩やかな斜面にあります。

 旧宇ノ気町の医師で考古学にも関心のあった久保清氏によって、上山田貝塚とともに発見されました。

 遺跡から出土した土器は、石川県内や北陸地方の縄文時代後期という時代を示す「ものさしとなる土器」とされ、「気屋式土器」といわれています。

 

           気屋遺跡の説明看板                            

 

 

                

            気屋遺跡出土の注口土器

 

 

 

 

 

 

 

   ちょっとめずらしい土器

 

気屋遺跡からは、注口土器と呼ばれる種類の土器が出土しています。今のお茶を入れる急須みたいな形をしています。

 何に使ったのでしょうか。「お酒などを入れて祭りに使った」とか「血を止める薬や痛みをやわらげる薬などを入れた」などの説があります。魔法のランプのようにも見えるかな。?

                                    

 

 

 

気屋遺跡出土の土器 

気屋遺跡の人々は上山田貝塚の子孫?

 

 気屋遺跡は、上山田貝塚の北約1,300mの場所にあり、お互いの場所が見えます。

 

 上山田貝塚に近く、時代が上山田貝塚の後であることから、「気屋遺跡に住んでいた人々は、上山田貝塚に住んでいた人々の子孫ではなかったか」と考える人もいます。

 

 本当のことがわかるとすごいですね。

 

 

気屋遺跡

 かほく市気屋

 交通 JR宇野気駅から車で7分

 


お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-7137
FAX:076-283-3643
E-mail:syougai@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?