メニュー

葬儀の後で行うこと(一例)

葬儀の後で行うこと(一例)
※葬儀を出された後は様々な手続きが発生します、詳しくは市販されているマニュアル本等を参照される事をお勧めします。
 
■免許証や保険証の返却
   亡くなられた方の健康保険証、運転免許証、身分証明証、クレジットカードパスポート、JAFやインターネットの会証員など。とくにクレジットカードや各種会員資格などは、早めに退会の手続きをすませましょう。
    →関連記事:国民健康保険
 
■年金の停止
   亡くなった人が国民年金や厚生年金をもらっていたら停止手続きをします。年金証書または年金手帳、死亡診断書、戸籍謄本や戸籍抄本など死亡の事実がわかる書類、請求者の住民票の写しなどを用意して金沢北年金事務所に提出します。
   
→関連記事:年金(その他)
→参考:日本年金機構ホームページへ
 
■確定申告を相続人が行う
   亡くなった人が死亡した年の1月1日から死亡日までの所得を相続人が税務署に死亡日から4ヶ月以内に申告して納めなければなりません。この所得税は相続人が負担しますが、納税額は相続人の相続財産から債務として控除されます。
    →参考:国税庁ホームページへ
 
■こんな時にこのような書類が必要です
 ※実際に手続きなどを行う場合は、必ず担当の方に手続きの確認を行ってください。
  銀行預金や郵便貯金、自動車、不動産、株券や債権などの名義変更を行う時
   
  • 住民票
  • 戸籍謄本もしくは全部事項証明
  • 印鑑証明(本人が登録している印を証明)
  葬祭費や埋葬料を申請する時。自動車や不動産を相続、名義変更。遺族年金を申請する時
   
  • 住民票(住んでいる人の内容全部または1部の写し)
  遺族年金、埋葬料、葬祭費や郵便局の簡易保険をもらう時。銀行預金、郵便貯金、株券、債権の名義変更の時。電話、自動車、不動産の所有権の名義変更の時。相続税を申告する時
   
  • 戸籍謄本(戸籍に載っている人全部写したもので除籍された人も含む)もしくは全部事項証明
  生命保険の死亡保険金を受け取る時
   
  • 戸籍抄本(戸籍に載っている人のうち、必要な人だけを写したもの)もしくは個人事項証明
  銀行預金や郵便貯金、株券や債権の名義変更。不動産の相続。電話や自動車の所有を移動。会社役員の登記の変更。生命保険や簡易保険を受け取る時。銀行預金、郵便貯金、株券や債権などの名義変更
   
  • 除籍謄本(除かれた戸籍に載っている人すべてを写しもの)
→関連記事:各種証明書の発行


お問い合わせ

総務部
TEL:076-283-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?