メニュー

【制度】子ども医療費助成

□ 子ども医療費助成について(助成方法)              


 お子様の入院・通院にかかった医療費を助成する制度です。
 病院や薬局などの窓口で「子ども医療費受給資格者証」を提示することで、助成対象分の支払いが不要になります(現物給付方式→→→詳しくはこちらをクリック)。
 受給資格者証を使えない場合、病院や薬局などの窓口で支払った保険診療による自己負担分について、給付申請により全額払い戻しが受けられます(償還払い方式)。


医療費の助成を受けられる方

 かほく市に住所があり、国民健康保険または社会保険に加入している子どもの保護者です。(生活保護を受けている方、他の公費で医療費の全額助成をいけている方を除きます。)
 なお、所得制限はありません。

助成の対象となる医療費

 保険診療分(医療保険が適用された医療費)が全額助成となります。
※高額療養費や付加給付は助成対象より控除されます。

※ご注意ください※
次の費用は助成対象外です。
 自費診療分/予防接種の費用/健康診断の費用/分娩費用/
 差額室料/おむつ代/薬の容器代/文書料/入院中の食事療養費(自己負担分)等

 

□所得税の確定申告(医療費控除)に使われた医療費は対象外です。子ども医療費助成制度

は保険診療分の全額助成ですので、こちらの制度をご利用下さい。

□学校や保育園などでの負傷や疾病などで、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害給付の対象となる場合は、子ども医療費の助成は受けず、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害給付を優先してください。

 

助成の対象期間

平成26年4月診療分から助成対象を拡充しています!

→→→→拡充にともなう手続きについて(お願い) 

 

≪≪平成26年3月31日までの診療分≫≫

○入院・通院

 生まれた日(または転入日)~満15歳に達する日の属する年度末

≪≪平成26年4月1日からの診療分≫≫
○入院・通院

生まれた日(または転入日)~満18歳に達する日の属する年度末

 

助成を請求できる期間

診療月から2年以内です。(例:H26年4月診療分は、H28年4月30日までに申請)

子ども医療費助成制度を受けるための手続き

お子様の名前の入った保険証ができてから手続き可能になります。

 

1. 資格登録

【必要なもの】

□ 子ども医療費受給資格登録申請書

(市役所保険医療課および高松・七塚サービスセンターにあります。)

□ お子様の名前の入った健康保険証の写し
□ 印鑑(認印)

 

2. 給付申請

【必要なもの】

     子ども医療費給付申請書

(市役所保険医療課および高松・七塚サービスセンターにあります。)

領収書(原本)

     レシートの場合は、給付申請書の下欄に医療機関の証明を受けてください。

     入院等で、ご加入の健康保険より高額医療費、付加給付などの給付を受けた場合は、その支払通知書も必要です。

□印鑑(認印)

健康保険証(登録時より変更した場合)

 

医療費助成の受給資格登録・医療費請求の窓口

かほく市役所市民部保険医療課または高松・七塚サービスセンターです。
書類が整っていれば郵送でも結構です。

 


お問い合わせ

市民部 保険医療課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-7123
FAX:076-283-3761
E-mail:hoken@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?