メニュー

特定健診・特定保健指導を受けましょう

 特定健診・特定保健指導は、メタボリックシンドロームをより早い段階で発見し、予防・改善するためのものです。 
 毎年、特定健診を受診し、生活習慣の改善が必要な方は、特定保健指導を受けましょう。


●そもそも、特定健診とは?

 40歳以上75歳未満の健康保険被保険者を対象に、生活習慣病の前兆となるメタボリックシンドロームをはじめ、主な生活習慣病の予防に着目した健康診査です。
 糖尿病等の生活習慣病の発症や重症化を予防することを目的として行われる健康診査で、メタボリックシンドロームに着目し、生活習慣を改善するための保健指導を必要とする方を抽出します。

 

●メタボリックシンドロームとは?

「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、複数の病気や異常が重なっている状態のことです。
 腹部の内臓の周囲に脂肪が蓄積しており、加えて、高血圧、高血糖、脂質異常症などの症状が2つ以上重なった状態のことです。

●生活習慣病とは?

 偏った食生活や運動不足、喫煙、過度の飲酒、過度なストレスなどの生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気の総称です。生活習慣病に関連する病気として、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、肥満などの病気が挙げられます。

 日本人の死因の半数以上は生活習慣病で亡くなっています。

             

   
   

では、どうやったら未然に防げるか!

特定健診・特定保健指導を受けましょう

 

   
   

●特定健診を受けるメリット

 ・生活習慣病の早期発見

   生活習慣病の多くは早期に適切な対応を行えば、費用も時間もあまりかからずに治療することができます。

 ・生活習慣改善に取り組みやすい

   健診の結果、メタボのリスクがあると診断された方には特定保健指導が行われ、生活習慣を改善するための
  支援が受けられます。

 ・結果、ご家庭での医療費が抑制できる

   もしも、健診を受けないままに生活習慣病が進行してしまった場合は、早期発見して治療を受ける際の何十
  倍もの費用がかかってしまいます。
   健診を受けることは、身体にも精神的にもご家庭の経済的にも、最も負担が軽いと言えます。

 

●受けないとどうなるの?

 生活習慣病は「サイレントキラー」とも呼ばれ、身体に重大な悪影響を及ぼし、忍び寄ってきます。気づいたときには、重症化してしまうケースが多く、医療費もかさみます。また、自分では気づかないうちに症状が悪化するため、ある日突然倒れてしまう事態も少なくありません。

 

●1度受けたらそれでいいのでは?

 健診は毎年定期的に受けることで、体の状態を細かく分析でき、どのように変化しているかを比較することで、病気の早期発見につながります。

 

 

☆厚生労働省の調査で

 5年前に比べ、糖尿病予備軍とされる人は100万人減!という結果が出ました。これは、メタボリック症候群への対策が進み、生活習慣の改善などによる成果と分析されています。
 しかしながら、依然、糖尿病が強く疑われる人の増加は続いていることも判明しました。糖尿病をはじめとする生活習慣病は、初期には自覚症状が出にくく、治療が遅れることにより重症化するケースがあるため、「バランスの良い食事や適度な運動など、生活習慣の改善に取り組んで欲しい」と厚生労働省は呼びかけています。

 

●人間ドックも効果的!

 より詳しい多数の項目で自身の身体を検査することができるので効果的です。

 しかし、保険適用外で、特定健診より自己負担額は高額となるので注意が必要となります。

 かほく市では国民健康保険被保険者の方を対象に費用の助成を行っていますので、ぜひご利用ください。

※詳細はこちら

 

さいごに

 日本人の平均寿命は年々伸び続け、2017年発表値も過去最高を更新しました。
 誰しも病気に悩む人生よりも、健康的で明るく元気に過ごしたいですよね。

 そのために

     健診は自分の将来への投資と考えてみませんか♪




お問い合わせ

市民部 保険医療課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-7123
FAX:076-283-3761
E-mail:hoken@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?