メニュー

医療費の抑制にご協力ください

 


「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法の一部を改正する法律」の成立により、平成30年度から都道府県が財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や事業の確保など、国保運営に中心的な役割を担い、制度の安定化を目指すこととなりました。
 都道府県は、かほく市の今までの実績などから医療費の推計を行い、保険給付費などに必要な費用の見込みを立て、保険者(かほく市)に標準保険税率を示し、かほく市はそれを参考にして保険税率を決定し、保険税を徴収することになりますが、そこには以下のような厳しい現状があります。
 


厳しい国民健康保険特別会計の現状

 

国民健康保険事業の運営は国民健康保険特別会計で賄っていますが、その財源は、被保険者(加入者)の国民健康保険税や、国・県からの補助金などで賄われています。国民健康保険は「国民皆保険制度」の基盤となる制度であり、社会保険などの医療保険に属さない人を加入者としているため、年齢構成が高く所得水準が低いという特徴があり、安定的な税収が確保できにくくなってきています。

 

 

被保険者(加入者)数の推移

 

 かほく市の国民健康保険の被保険者数は年々減少傾向にあります。少子化や社会保険制度の拡充により若い世代の被保険者が減少しています。全体の被保険者における20~59歳の方の割合が年々減ってきており、少ない働き盛りの若い世代で、収入の少ない高齢世代を支えている少子高齢化が浮き彫りになってきています。

                      

 

 



 

療養諸費の推移

 

 国民健康保険被保険者数は年々減少しているにもかかわらず、療養諸費は年々増加傾向にあります。平成27年度は、B型肝炎などの高額薬剤使用などの影響で著しく増大し、平成28年度には微減となりましたが、依然、大きな費用がかかっています。

 

平成25年度

平成26年度

平成27年度

平成28年度

療養諸費

(診療費と療養費)    

2,908,132,232

2,955,263,848

3,102,343,616

2,949,032,470

件数

110,940

111,291

111,918

111,512

 

※診療費…病院や診療所で受ける診察、手術、薬剤の支給などにかかる費用

 療養費…治療用装具の購入、柔道整復術、はり・きゅうなどの施術などにかかる費用

 件 数…医療機関や薬局が、被保険者毎に作成する診療・調剤の請求書や療養費の支給申請の数

 

 


被保険者一人あたりの療養諸費

 

 かほく市の被保険者一人あたりの療養諸費は、平成26年度まではわずかに県平均を下回っていましたが、平成27年度からは県平均を上回ってしまいました。 





1人あたり療養諸費

平成25年度

平成26年度

平成27年度

平成28年度

県平均

367,665

375,995

398,177

401,081

かほく市

361,169

374,416

406,332

406,875


 



年齢別に見る医療費の総額


 

 

 40歳頃から徐々に医療費が増え始め、60歳を超えると急に医療費の額が増大していることがわかります。
 40歳を過ぎたら、生活習慣病が重症化した病気が増加しています。



28年度 0~4歳 5~9歳 10~14歳 15~19歳
生活習慣病 件数 総医療費額 件数 総医療費額 件数 総医療費額 件数 総医療費額
がん 1 4,930 1 1,450 4 75,500 4 62,010
狭心症 0 0 0 0 1 12,730 0 0
筋・骨格 4 813,730 4 34,320 55 1,458,220 46 1,433,640
高血圧症 0 0 0 0 0 0 0 0
高尿酸血症 0 0 0 0 0 0 0 0
脂質異常症 0 0 0 0 0 0 0 0
脂肪肝 0 0 0 0 0 0 4 28,930
心筋梗塞 0 0 0 0 0 0 0 0
精神 47 814,060 28 470,110 39 831,340 42 341,140
糖尿病 0 0 0 0 0 0 1 127,980
動脈硬化症 0 0 0 0 0 0 0 0
脳梗塞 0 0 0 0 0 0 0 0
脳出血 0 0 0 0 0 0 0 0
総計 52 1,632,720 33 505,880 99 2,377,790 97 1,993,700
合計に対する割合 0.15% 0.11% 0.09% 0.03% 0.28% 0.16% 0.27% 0.14%
被保険者数割合 120人 1.76% 115人 1.69% 165人 2.42% 198人 2.91%



28年度 20~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳
生活習慣病 件数 総医療費額 件数 総医療費額 件数 総医療費額 件数 総医療費額
がん 2 29,590 9 88,640 11 169,420 24 4,140,790
狭心症 0 0 1 18,210 0 0 0 0
筋・骨格 14 175,630 54 657,050 45 1,466,310 47 652,490
高血圧症 0 0 2 106,620 3 85,670 2 61,500
高尿酸血症 0 0 0 0 2 26,100 0 0
脂質異常症 0 0 0 0 0 0 31 644,670
脂肪肝 0 0 0 0 0 0 9 128,780
心筋梗塞 0 0 0 0 0 0 0 0
精神 59 1,163,200 139 10,517,870 178 10,862,830 334 20,813,540
糖尿病 1 6,620 15 438,170 18 731,490 23 502,140
動脈硬化症 0 0 0 0 0 0 0 0
脳梗塞 0 0 0 0 4 246,840 0 0
脳出血 12 127,020 0 0 0 0 0 0
総計 88 1,502,060 220 11,826,560 261 13,588,660 470 26,943,910
合計に対する割合 0.25% 0.10% 0.62% 0.80% 0.74% 0.92% 1.33% 1.83%
被保険者数割合 169人 2.48% 142人 2.08% 179人 2.63% 215人 3.15%




28年度 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳
生活習慣病 件数 総医療費額 件数 総医療費額 件数 総医療費額 件数 総医療費額
がん 49 9,541,710 85 8,212,010 40 2,478,020 61 14,701,800
狭心症 0 0 15 1,352,330 3 2,036,670 19 1,465,340
筋・骨格 126 2,294,270 182 15,659,680 179 5,983,390 233 7,365,040
高血圧症 73 1,392,480 145 2,303,170 228 2,628,250 291 3,758,800
高尿酸血症 12 56,470 0 0 5 57,760 3 22,840
脂質異常症 53 802,630 54 1,069,930 109 1,081,920 204 3,060,680
脂肪肝 3 94,790 2 19,250 0 0 1 13,600
心筋梗塞 0 0 0 0 2 3,035,060 10 142,490
精神 474 35,660,880 436 36,880,780 366 31,474,830 324 33,125,390
糖尿病 69 4,187,120 123 5,221,510 116 3,510,030 191 5,626,610
動脈硬化症 0 0 10 497,070 0 0 1 39,080
脳梗塞 1 57,470 12 370,670 19 5,861,970 4 1,523,930
脳出血 8 329,250 0 0 3 2,267,740 0 0
総計 868 54,417,070 1,064 71,586,400 1,070 60,415,640 1,342 70,845,600
合計に対する割合 2.45% 3.69% 3.01% 4.86% 3.02% 4.10% 3.79% 4.81%
被保険者数割合 324人 4.75% 356人 5.22% 306人 4.49% 316人 4.64%




28年度 60~64歳 65~69歳 70~74歳 合計
生活習慣病 件数 総医療費額 件数 総医療費額 件数 総医療費額 件数 総医療費額
がん 193 30,174,310 722 114,518,020 831 164,338,950 2,037 348,537,150
狭心症 81 5,626,450 206 16,045,140 396 32,623,980 722 59,180,850
筋・骨格 866 30,430,990 2,399 60,831,060 3,052 101,513,090 7,306 230,768,910
高血圧症 1,049 12,730,090 3,953 52,331,160 3,839 53,336,790 9,585 128,734,530
高尿酸血症 18 119,060 35 272,550 23 246,570 98 801,350
脂質異常症 835 11,726,000 2,195 27,359,380 2,128 28,765,150 5,609 74,510,360
脂肪肝 1 10,220 11 393,660 13 307,970 44 997,200
心筋梗塞 0 0 26 11,136,700 14 10,930,120 52 25,244,370
精神 523 62,963,870 616 75,371,390 388 38,436,900 3,993 359,728,130
糖尿病 519 14,975,180 2,020 55,202,030 2,071 60,266,240 5,167 150,795,120
動脈硬化症 0 0 39 2,077,130 70 3,025,500 120 5,638,780
脳梗塞 35 3,069,980 241 25,789,670 284 33,325,320 600 70,245,850
脳出血 1 23,240 5 1,924,080 17 13,083,330 46 17,754,660
総計 4,121 171,849,390 12,468 443,251,970 13,126 540,199,910 35,379 1,472,937,260
合計に対する割合 11.65% 11.67% 35.24% 30.09% 37.10% 36.68% 100.00% 100.00%
被保険者数割合 709人 10.40% 1708人 25.06% 1793人 26.31% 6815人 100.00%







 

医療費抑制にご協力をお願いします

 

 このような状況を乗り切るためには、多額の医療費を抑制していくことが重要です。

 国民健康保険事業を安定的に維持していくために、医療費の適正化にご協力願います。

 

 ☆特定健診を積極的に受けましょう!

  ・生活習慣病の早期発見や予防につながりますので、毎年受診して自分の健康に意識を持ちま
   しょう。かほく市では特定健診の結果をもとに、1人1人に保健師による特定保健指導を
   実施しています。

  ・人間ドックも効果的です。かほく市では費用の助成事業を行っていますので、是非ご利用
   ください。


 ☆重複受診・頻回受診を控えましょう!

  ・自己負担が増えるばかりでなく、検査や服薬過剰により体に負担を与えてしまう心配があり
   ます。

  ・お薬手帳を活用しましょう。

   ※お薬手帳を使うメリット
   ○飲み合わせや薬の重複をチェックし、副作用や飲み合わせのリスクを減らします
   ○副作用暦、アレルギー、過去にかかった病気などの情報を伝えることができます
   ○災害や急に具合が悪くなったときなどに、自分の薬の情報を正確に伝えることができます


 ☆ジェネリック医薬品の活用を検討しましょう!

  ・医療の質を落とすことなく、自己負担の軽減、医療費の削減につながりますので、医師・
   薬剤師に相談してください。

  ※ジェネリック医薬品とは
  ○新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を使っており、品質、効き目、安全性が同などなお薬で
   す。厳しい試験に合格し厚生労働大臣の承認を受け、国の基準、法律に基づいて製造、販
   売されています。新薬に比べ開発費が少ないために新薬より低価格なお薬です。

 


お問い合わせ

市民部 保険医療課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-7123
FAX:076-283-3761
E-mail:hoken@city.kahoku.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?