メニュー

任意予防接種(高齢者肺炎球菌13価)について

感染症から体を守る手段として予防接種があります。感染症には症状の軽いものもありますが、時には命に係る症状もあります。予防接種はそれぞれの病気にかかるのを防いだり、もしかかったとしても症状が軽くすむようにすることが目的です。

高齢者肺炎球菌13価(不活化ワクチン)

対象者  65歳以上の未接種者
     
◆平成28年4月よりワクチンが23価から13価に変更となりました。※ワクチンの詳細については、接種前に主治医にご確認下さい
接種費用は償還払いとなりますので、一度医療機関に全額お支払いしていただくこととなります。接種後、助成を受ける場合は、接種済証・医療機関からの領収書・印鑑・振込先のわかるもの(コピーが必要)、下記の任意予防接種費用助成金交付申請書兼請求書(各申請窓口にもあります)を記入の上、健康福祉課(ほのぼの健康館)、高松サービスセンター、七塚サービスセンターにて申請できます。


◆助成額  支払い額より4000円を除いた額となります。※ただし、助成は6000円以内とします。
 例:12000円の支払いがあった場合  →  12000円―4000円=8000円 上限6000円のため
                             6000円が助成額となります。

◆申請期間は接種日より1年以内となります。
 

不活化ワクチンとは・・・
 細菌を殺して免疫をつくるために必要な成分を取り出してつくったものであり、十分な免疫をつけるために数回接種することがあると言われています。接種後、他のワクチンを接種したい場合は6日以上あければ接種することが可能です。

ダウンロード



お問い合わせ

市民部 健康福祉課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ71番地2
TEL:076-283-7120
FAX:076-283-4116
E-mail:kenkou@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?