メニュー

【都市計画】かほく市用途地域について

用途地域の市街地のイメージ

  かほく市は、将来の目指すべき市街地の姿を実現するため、機能的な都市活動の確保と安全で良好な都市環境の形成を図るため、地域地区としての「用途地域」制度の導入を目指してきました。この用途地域制度が平成26年4月1日から施行されます。
【用途地域とは】
 用途地域とは都市計画法の地域地区のひとつで、土地利用の混在を防ぐことを目的としています。
 用途地域には住居系、商業系、工業系など市街地の大枠としての土地利用を定めるもので、12種類ありますが、かほく市は7種類定めます。用途地域が指定されると、それぞれの目的に応じて、建てられる建物の種類・規模が決められます。
 かほく市では、上位計画である「かほく市総合計画」、「かほく区域マスタープラン」及び「かほく市都市計画マスタープラン」と整合性を併せ、かつ、かほく市の現状や土地利用の特性を踏まえ用途地域を指定します。
 用途地域が指定されますと、計画的な土地利用の誘導が図られ、無秩序な開発の抑制・都市機能の集約による都市の発展を促します。
 また、住宅、店舗、作業所等が混在立地する密集地域における用途の純化、幹線道路沿道における計画的で秩序ある土地利用など、各地域にふさわしい建ぺい率・容積率の指定や建築用途を誘導し、市全体の一体性・一貫性のある土地利用や機能的・効果的な土地利用の誘導が図られます。

ダウンロード



お問い合わせ

産業建設部 都市建設課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-7104
FAX:076-283-7108
E-mail:toshiken@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?