メニュー

かほく市用途地域指定に伴う準防火地域の指定について

 かほく市では平成26年4月1日より、都市計画区域内の一部において、新たに用途地域が指定されました。このことによって、JR高松駅、横山駅、宇野気駅の周辺及びイオンかほくショッピングセンター周辺が、商業地域に指定されています。この地域では、建築基準法の規定により、建ぺい率がこれまでの60%から80%に変更され、準防火地域に指定されました。

 準防火地域では、一般木造住宅の新築または増築をする際に、隣地境界線及び、隣接道路の中心線から1階部分が3m、2階部分が5m掛かる部分が、延焼のおそれのある部分となりますので、その部分の外壁、窓、屋根の軒裏等を防火構造にしなければなりません。

 また、延べ面積が500㎡以上又は3階以上の建築物は、準耐火建築物以上の基準が定められ、一般木造住宅よりも厳しいものとなっています。

 なお今後、当該地域内で住宅等の建築を計画される場合には、施行業者にお問い合わせ下さい。

 また、不明な点は都市建設課にご相談ください。

 準防火地域は、下記図面を参照下さい。

ダウンロード



お問い合わせ

産業建設部 都市建設課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-7104
FAX:076-283-7108
E-mail:toshiken@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?