メニュー

『かほく市住宅用自然エネルギーシステム設置費補助金』制度

かほく市では、地球温暖化対策の一環として、環境にやさしい自然エネルギーを利用する下記の住宅用設備を設置する方に補助制度を設けています。

平成28年度より対象設備に定置用リチウムイオン蓄電システムが追加になりました。

【対象設備及び補助金額】 

 

 詳しくは、添付ファイルをご覧ください。

対象設備

対象設備となる要件

補助金の額

補助限度額

太陽光発電システム

太陽光発電システム住宅の屋根等への設置に適した、低圧配電線と逆潮流有りで連係し、かつ、太陽電池の最大出力(当該設備を構成する太陽電池モジュールの公称最大出力の合計をいう。)が10キロワット未満の未使用の発電設備で、電力会社と電力需給契約を締結するもの

太陽電池の最大出力(キロワット表示とし、小数点第2位未満の数値は、四捨五入するものとする。)に1キロワット当たり40,000円を乗じて得た額

160,000円

小形風力発電システム

風力でブレード(風車の羽根をいう。)を回転させ、その回転運動を発電機に伝えて発電する発電機の定格出力が100ワット以上の未使用の発電設備で電力会社と電力需給契約を締結するものであり、かつ、次に掲げる要件を満たすもの

(1)設置した小形風力発電システムを適正に維持管理できること。

(2)騒音等への対策が施されていること。

(3)設置時に建築基準法(昭和25年法律第201号)その他関連する法令を遵守すること。

設置に要する費用の2分の1の額

60,000円

太陽熱利用システム

集熱器及び集めた熱エネルギーを強制的に循環させ、貯蔵する蓄熱槽その他の設備を用いて給湯や暖房等に利用するソーラーシステム(強制循環式)又は集熱器と集めた熱エネルギーを自然に循環させ、貯蔵する貯湯槽を用いて給湯に利用する太陽熱温水器(自然循環式)のシステムで、未使用のもの

設置に要する費用の2分の1の額

30,000円

ペレット・薪利用システム

木質ペレット(間伐材、端材等の木材を粉砕したものに圧力を加え、高熱加熱し、円柱状に固めたものをいう。)又は薪を燃料として使用する設備で、未使用のもの

設置に要する費用の2分の1の額

50,000円

定置用リチウムイオン蓄電システム

国が実施する定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業における補助対象機器として、一般社団法人環境共創イニシアチブにより認められているもので、未使用のもの

設置に要する費用の2分の1の額

100,000円

 

ダウンロード



お問い合わせ

市民部 防災環境対策課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-7124
FAX:076-283-1115
E-mail:kankyou@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?