メニュー

うみっこらんど七塚 博物館

櫓こぎスタンプラリー
タライ漁

海と渚の博物館
《開館時間 9:00~17:00》
 人と海との関わりと暮らしをテーマに、能登半島の海の民俗資料を今に伝える博物館。
 博物館内の収蔵品は3000点を超え、再現された海人の暮らしは、コンピューターを駆使した体験コーナーで幼児にもわかりやすく表現されています。

内井昭蔵建築 
 船をイメージした内井昭蔵氏設計の優美な館は、日本海と溶け合い深い安らぎと明日への活力をかき立てます。平成12年度には第22回石川県建築賞に入賞しています。

*団体料金は、20名以上です。
*障害者減免あります。詳しくはお問合せください。
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始:12月29日~1月3日

地階展示場
 昭和初期から30年代後半にかけて、かほく市海岸一帯及び能登半島の漁村に使われていた、数多くの貴重な漁具類や郷土資料を展示してあります。

疑似体験コーナー
櫓こぎ
 櫓こぎ名人″じんべい″が櫓の使い方を教えてくれます。基本を習ったらじんべいと競争してみてね。

タライ漁
 ヤスやタモなどいろんな道具を使ってサザエやタコを捕まえてみよう。捕まえた数に応じて点数が表示されるよ。

スタンプラリー
 タルを探して文字を集めてね。

クイズコーナ
 知恵と工夫がいっぱいの道具に関するクイズだよ。全問正解できるか挑戦してみてね。

一階展示回廊他

以下の映像が鑑賞できます。
  ・白尾地区祭礼 ホラホイ行列
  ・白尾地区祭礼 屑宮行列
  ・未来海道ものがたり【海がもたらした海の文化】
  ・かほく市の祭 各地区

『市民ギャラリーうみっこ』で作品展を希望される方は!
〇まずはご連絡、ご相談ください。(076ー283ー8880)

  利用の概要(利用期間・団体名など)

  展示の内容(具体的なもの。絵画。手工芸など)

〇ご利用が決まったら…

 行為・利用許可申請が必要です。(博物館までお越しいただきます。)

『貝がらアート体験』『プラパン工作』
受付時間 午前9時~午後4時(随時受付)
体 験 料  それぞれ一回200円
所要時間 約30分程度

大人から子どもまで、どなたでも参加できます。プラ板や貝がらを使って、作品を作ってみよう。

※5名様以上の場合は事前に予約して下さい。
※ゴールデンウイーク及び8月のお盆の期間、10名様以上での体験をお断りさせていただく場合がございます。予め、お問い合わせください。

収蔵庫

展示場に展示しきれなかった漁具類や昔のくらしの実物資料を約3000点収蔵。
大型の漁具、大小様々なランプ、ガラス玉、色々な大きさ形の櫓(ろ)や櫂(かい)、めずらしい浮子(アバ)など伝統的な漁具が忘れられつつある今日、学術的にも貴重な資料があり、申し出があれば見学可能です。
白尾地区祭礼用屑宮行列の道具の展示。

学校・学習

学校で博物館を利用する時は!

 ・まずはご連絡・ご相談ください。(076ー283ー8880)

    利用の概要
    (利用日時・学校名・連絡先・先生のお名前・学年・人数など)
    活用の内容
    (遠足等:自由見学/学習:説明要・不要など)

《貝がらアート》 ※参考

貝がらアート


    お問い合わせ

    教育委員会 生涯学習課 うみっこらんど七塚
    929-1177 石川県かほく市白尾ム1番地3
    TEL:076-283-8880
    FAX:076-283-7880

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?