メニュー

うみっこらんど七塚 博物館

櫓こぎ





【ご来館の皆さまへのお願い】



新型コロナウイルスの感染症予防・拡大防止のため以下の対策を行います。

●お客様につきましては、発熱や継続的な咳症状、体調不良のお客様はご来館をお控えいただきますようお願いいたします。

(展示室等で激しく咳き込まれるなど、風邪のような症状がある方には、お声かけのうえご退出をお願いする場合がございます。)

 ●入館の際は、可能な限りマスクの着用をお願いいたします。

また、マスクを着用されていない方で咳の出る方は、ハンカチや上着などで口を覆い、咳エチケットにご留意の上、周りのお客様に飛沫を飛ばさないようご配慮願います。

 ●手洗い、アルコール消毒の励行にご協力お願いいたします。

博物館出入口などに手指消毒液を設置していますのでご利用ください。

●展示室・市民ギャラリー入場につきましては混雑緩和のため、入場制限を行う場合がございますのでご了承ください。

●展示室・市民ギャラリーへの入場待機する方は、エントランスホールや館外等で距離を開けてお待ちください。

●他の利用者や係員とは、十分な距離(約2m)をあけてのご鑑賞をお願いいたします。

●職員はマスク着用のうえで業務にあたります。

 

 今後、開館状況等に変更がございましたら、随時、かほく市うみっこらんど七塚ホームページ等でお知らせいたします。


海と渚の博物館
《開館時間 9:00~17:00》
 人と海との関わりと暮らしをテーマに、能登半島の海の民俗資料を今に伝える博物館。
 博物館内の収蔵品は3000点を超え、再現された海人の暮らしは、コンピューターを駆使した体験コーナーで幼児にもわかりやすく表現されています。

内井昭蔵建築 
 船をイメージした内井昭蔵氏設計の優美な館は、日本海と溶け合い深い安らぎと明日への活力をかき立てます。平成12年度には第22回石川県建築賞に入賞しています。

*団体料金は、20名以上です。
*障害者減免あります。詳しくはお問合せください。
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始:12月29日~1月3日

地階展示場
 昭和初期から30年代後半にかけて、かほく市海岸一帯及び能登半島の漁村に使われていた、数多くの貴重な漁具類や郷土資料を展示してあります。

疑似体験コーナー
櫓こぎ
 櫓こぎ名人″じんべい″が櫓の使い方を教えてくれます。基本を習ったらじんべいと競争してみてね。



『市民ギャラリーうみっこ』で作品展を希望される方は!
〇まずはご連絡、ご相談ください。(076ー283ー8880)

  利用の概要(利用期間・団体名など)

  展示の内容(具体的なもの。絵画。手工芸など)

〇ご利用が決まったら…

 行為・利用許可申請が必要です。(博物館までお越しいただきます。)

『貝がらアート体験』 要予約・・・10日前までの予約となります。
体 験 料  それぞれ一回200円
所要時間 約30分程度

大人から子どもまで、どなたでも参加できます。貝がらを使って、作品を作ってみよう。

※5名様以上の場合は事前に予約して下さい。
※ゴールデンウイーク及び8月のお盆の期間、10名様以上での体験をお断りさせていただく場合がございます。予め、お問い合わせください。

収蔵庫

展示場に展示しきれなかった漁具類や昔のくらしの実物資料を約3000点収蔵。
大型の漁具、大小様々なランプ、ガラス玉、色々な大きさ形の櫓(ろ)や櫂(かい)、めずらしい浮子(アバ)など伝統的な漁具が忘れられつつある今日、学術的にも貴重な資料があり、申し出があれば見学可能です。


学校・学習

学校で博物館を利用する時は!

 ・まずはご連絡・ご相談ください。(076ー283ー8880)

    利用の概要
    (利用日時・学校名・連絡先・先生のお名前・学年・人数など)
    活用の内容
    (遠足等:自由見学/学習:説明要・不要など)

《貝がらアート》 ※参考

貝がらアート


    お問い合わせ

    教育委員会 生涯学習課 うみっこらんど七塚
    929-1177 石川県かほく市白尾ム1番地3
    TEL:076-283-8880
    FAX:076-283-7880
    E-mail:umikko@city.kahoku.lg.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?