メニュー

瀬戸菅原神社

瀬戸菅原神社

紹介動画はこちら



 速秋津日子(はやあきつひこ)、天満天神(てんまんてんじん)、少彦名命(すくなびこな)を祭神とし、平安時代の文書『延喜式』に登場する「瀬戸比古社」であると伝えられています。大海荘12箇村の総社として信仰を集めてきました。
 天正12年(1584年)の末守合戦の戦火により、多くの宝物や文書が焼失しましたが、前田家の重臣である奥村永福(おくむらながとみ)によって寛永元年(1624年)に再建されました。
 明治6年に現在の瀬戸菅原神社に改称されました。
 境内のモチノキは市の天然記念物に指定されています。
写真上 瀬戸菅原神社
写真下 境内のモチノキ(幹周 3.41m、高さ 12m、樹齢 約200年)

鳥居
モチノキ


    お問い合わせ

    教育委員会 生涯学習課
    929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
    TEL:076-283-7137
    FAX:076-283-3643
    E-mail:syougai@city.kahoku.ishikawa.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?