メニュー

桜井三郎左衛門


                                紹介動画はこちら



 天正12年(1584年)、9月、越中の佐々成政は前田利家の領地の分断を狙って侵攻し、末森城(※当時は「末盛城」と表記)を包囲しました。籠城部隊は佐々軍に本丸まで迫られながらも、必死に防戦しましたが落城は時間の問題となっていました。
 前田利家の援軍が金沢城から出発しましたが、街道には佐々軍が待受けており、援軍の行く手を阻んでいました。この時、高松村の桜井三郎左衛門は、佐々軍に気付かれることなく進軍できる海岸沿いの裏ルートを進言しました。利家はこの進言を受け入れ、前田勢は佐々軍の警戒をかいくぐり、末森城を囲む佐々軍を撃退することに成功したのでした。
 戦いののち、三郎左衛門の功績により、高松村は地子銀(住宅に掛けられる税)を免除され、能登街道の宿場町として長きにわたって繁栄しました。三郎左衛門の死後も、桜井家は文化元年(1804年)まで高松村の十村役を務めました。

写真 高松産業文化センター前の桜井三郎左衛門像

櫻井三郎左衛門


    お問い合わせ

    教育委員会 生涯学習課
    929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
    TEL:076-283-7137
    FAX:076-283-3643
    E-mail:syougai@city.kahoku.lg.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?