メニュー

救急要請アクションカードについて

 重篤な傷病者の予後は、急病や大けがの発生から決定的治療までの時間に影響されます。この時間が短ければ、傷病者は元の生活に戻れる確率が高くなります。

 残念なことに、救急車を呼ぶこと(通報)の遅れ傷病者に対する応急手当の実施がされてないことから、ご家庭で重篤な急病人が発生した場合の傷病者予後は、公共の場で発生した場合に比べ、悪いことが分かっています。

 当消防本部では石川県メディカルコントロール協議会*の依頼を受け、救急要請アクションカードをご高齢世帯が多い地区、または救急車が到着するまでに時間を要する地区を対象に配布することとなりました。

 このカードはいざという時に迷わずすぐに119番通報していただけるよう、わかりやすいものとなっております。ご家族皆さんで話合って、添付の記入例を参考に記入し、いざという時にご活用ください。また、電話機の近くや、冷蔵庫に貼っておくなど目の付きやすいところに保管し活用していただきますようお願いします。

 

※石川県メディカルコントロール協議会とは

救急医療に精通した医師等で構成され、救急隊が行う救急処置の質を担保し、活動の指導・監督を行っている機関です。

ダウンロード



お問い合わせ

消防本部 消防署
929-1126 石川県かほく市内日角3丁目1番地
TEL:076-283-3585
FAX:076-283-4549

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?