メニュー

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

 新型コロナウイルス感染症の影響により生活困窮する世帯に対して、これまで緊急小口資金等の特例貸付などによる支援を実施してきましたが、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、既に総合支援資金の再貸付が終了するなど、特例貸付を利用できない世帯がでてきました。
 こうした世帯に対して、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給につなげるために、今般国において新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金が創設されましたので、ご案内いたします。

〇支給対象世帯
特例貸付における総合支援資金の再貸付を終了した世帯で、以下の①②③をすべて満たしている場合

①収入要件
 申請月の収入が次の額を超えないこと(月額)
 <単身世帯>118,100円
 <2人世帯>158,000円
 <3人世帯>187,000円
 <4人世帯>225,000円
 <5人世帯>262,000円
 ※6人以上の場合はお問い合わせください


②資産要件(預貯金等)
 申請日における資産額が、次の額を超えないこと
 <単身世帯>468,000円
 <2人世帯>690,000円
 <3人世帯>840,000円
 <4人世帯以上>1,000,000円


③次のイ、ロのいずれかに該当すること
  イ)公共職業安定所に求職の申込し、常用就職を目指し、下記の求職活動を行なうこと
   ・月1回以上、自立相談支援機関(かほく市社会福祉協議会)の面接等の支援を受ける
   ・月2回以上、公共職業安定所で職業相談等を受ける
   ・原則週1回以上、求人へ募集を行う又は求人先の面接を受ける

  ロ)生活保護を申請し、当該申請に係る処分が行われていない状態にあること


〇支給額・支給期間
 
 <単身世帯>6万円
 <2人世帯>8万円
 <3人以上世帯>10万円

 支給期間:3か月


〇申請期間

  令和3年7月1日(木)~令和3年11月30日(火)
   郵送受付も可能(必要書類に不備があった場合は、受付できない場合があります)
  ※8月31日から11月30日に申込期間が延長されました。


〇必要書類
 上記の要件を満たしている場合は、下記の必要書類をご準備下さい。


 ①新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金申請書(様式1-1)
 ②新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金申請時確認書(様式1‐2)
 ③本人確認書類の写し
  運転免許証、個人番号カード(マイナンバーカード)、パスポート、各種障害者手帳、
     健康保険証、住民票など  
  ④特例貸付(総合支援資金の再貸付)が確認できる書類
    ※省略できる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。
  ⑤収入が確認できる書類(世帯全員分)
  ・給与明細書、賃金明細書、報酬明細書、帳簿の写し
  ・雇用保険の失業等給付を受けている場合は、雇用保険受給資格証明証の写し
  ・年金を受けている場合は、振込の記帳ページ
  ・児童手当、児童扶養手当、特別児童扶養手当を受けている場合は、振込の記帳ページ
  ・その他の公的給付、手当等を受給している場合は、振込の記帳のページ 等
  ⑥金融資産が確認できる書類
  ・申請者及び申請者と同一の世帯に属する方全員の金融機関の口座名義記載ページ及び
      直近
3か月程度の記載ページの写し(※必ず記帳してからご提出ください)
  ⑦求職活動関係書類
  ・求職受付票(ハローワークカード)の写し
   ↑9月21日より不要となります。申請書(様式1-1)の⑥求職番号記入欄に
    ご記入ください。

  ⑧振込先口座の写し
  ・振込先となる金融機関口座の通帳の口座名義及び口座番号が記載されたページの写し


ご不明な点、確認したい点がありましたら下記までお問い合わせください。

ダウンロード



お問い合わせ

健康福祉部 健康福祉課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ71番地2
TEL:076-283-7120
FAX:076-283-4116
E-mail:kenkou@city.kahoku.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?