メニュー

かほく市立高松中学校卒業式

 本日ここに、かほく市立高松中学校を卒業される75名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 また、これまで皆さんを温かく見守り、導いてくださった先生方、ご両親、ご家族の皆様、そして後輩の皆さんとともに、今日の栄えある門出を心から祝福したいと思います。 
 皆さんは、3年前に大きな期待と希望を胸に抱き、この伝統ある高松中学校へ入学されました。そして今日までの間、毎日の勉学のほか部活動や生徒会活動、更にボランティア活動など、様々な活動を通してかけがえのない経験を積んでこられたのではないでしょうか。
 今、皆さんの胸の中には洋々たる未来に向けて、夢と希望が満ち溢れていると同時に新しい環境への不安も感じていることと思います。
 夢や希望の実現に向かって進んでいく時には、必ずといっていいほど困難や苦労が待ち構えています。しかし、この高松中学校でしっかりと身に付けた「生きる力」を持って力強く乗り越えていっていただきたいと思います。
 そして、皆さんには、中学校生活の3年間で得た友を大切にし、その友情を力強い支えとして、自分の夢や目標に向かって常に挑戦をしながら、意義のある青春時代を過ごして行かれることを心から願っています。
 さて、昨年3月11日に発生した東日本大震災から一年が経とうとしています。被災地では仮設校舎などの厳しい環境で学びながら、皆さんと同様に中学校を卒業していく方々も大勢います。今回の震災を通じて家族、友人、地域の方々との繋がりが「絆」として再認識されました。皆さんもこれから始まる新しい進路において、この「絆」の精神を大切にしてほしいと思います。
 また、iPadやiPhoneを開発したアップル社の前最高経営責任者のスティーブ・ジョブス氏の有名な言葉で、「今やっていることがどこかに繋がると信じてください。どこかに繋がると信じていれば、 他の人と違う道を歩いていても自信を持って歩き通せるからです。」という言葉があります。これは、現在皆さんが信じて行っていることは、すぐには答えが見えないけれど、後で必ず繋がって何らかの成果に結びつくということです。これからそれぞれの道に向かって歩き出す皆さん一人一人にこの言葉を贈りたいと思います。
 卒業とは学び終えるということだけではなく、新しい道への旅立ちへの第一歩を踏み出す門出でもあります。これから出会うであろう多くの人達と友情を育み、共に励まし合い、時には競い合い、それぞれの未来を切り開いていっていただきたいと思います。そして今日からの一日一日を大切にしながら、自分の夢に向かって頑張ってください。
 最後になりましたが、今日までお世話していただきましたPTAや地域の皆様、そしてご指導くださいました先生方に厚く御礼を申し上げますとともに、これまで慈しみ育ててこられました保護者・ご家族の皆様に深く敬意を表し、心からお祝い申し上げます。
 本日、卒業される皆さんの今後の更なるご成長とご活躍を心からお祈り申し上げまして、お祝いの言葉といたします。


お問い合わせ

総務部 総務課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-1111
FAX:076-283-4644
E-mail:soumu@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?