メニュー

平成26年 かほく市消防団出初式

平成26年 かほく市消防団出初式

 かほく市消防団員の皆様、新年明けましておめでとうございます。
 輝かしい平成26年の新たな始まりを迎え、本日ここにかほく市消防団出初式を挙行するにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。
 昨年は、西山消防団長の下、9分団、188名の団員皆様方におかれましては、昼夜をとわず、火災や自然災害などから市民の生命、財産を守るため、献身的なご努力を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 重ねて本日ご列席の関係各位におかれましても、日頃から防火、防災に対する深いご理解とご協力を賜り、心から感謝を申し上げます。
 また、のちほど表彰を受けられます皆様には、心からお祝いを申し上げます。この度の受賞は、永年、消防団活動にご尽力された功績の賜物であり、今後も引き続き、より一層のご精進をお願いするものであります。
 さて、近年、全国各地で異常気象などにより地域住民の生命、財産を脅かす災害が多数発生しております。かほく市においても、昨年8月23日に、24時間雨量が観測史上最大となる222.5ミリに達し、1日の降雨量が8月の月間雨量の平均値の1.5倍を上回るといった、今まで経験したことのない豪雨に見舞われました。
 この大雨により、市内各所において床下浸水や土砂崩れなどの被害が発生しましたが、消防団の皆様による懸命な排水作業や市内巡視などの活動により被害を最小限に抑えることができました。
 また、火災の方では、昨年1年間で11件の事案が発生しており、そのうち建物火災が6件となっておりますが、幸いにも人的被害はありませんでした。これもひとえに消防団員の皆様による夜間巡回パトロールなど、日頃の献身的な防火・防災活動による成果であり、この場をお借りしまして改めて感謝と御礼を申し上げます。
 このような、自然災害や火災が発生した場合に備え、危機管理体制の更なる充実を図ることが大切であることは言うまでもありませんが、万が一の災害発生時には、地域の皆様、そして消防団の皆様と一丸となって、消火活動、水防活動、避難誘導などに対応して行かなければならないと考えております。
 年々消防を取り巻く環境は複雑多様化する一方で、その必要性は益々高くなっております。団員の皆様には今後とも市民が安全で安心して暮らせる「かほく市」の実現のために、より一層のご尽力をお願いするものであります。
 最後になりましたが、これまでの団員皆様の弛まぬご精進とご努力に対しまして、重ねて感謝と御礼を申し上げますとともに、新しい1年が、希望に満ち溢れた明るい年になりますよう皆様のますますのご健勝、ご活躍を心から祈念し、式辞と致します。

平成26年 かほく市消防団出初式


    お問い合わせ

    総務部 総務課
    929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
    TEL:076-283-1111
    FAX:076-283-4644
    E-mail:soumu@city.kahoku.ishikawa.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?