メニュー

平成27年度市長訓示

市長訓示

 それでは一言ご挨拶を申し上げます。
 いよいよ新年度が始まりました。今ほど辞令の交付もさせていただいたところでございます。まず石川県との人事交流でかほく市に来られた皆さん、新たな地での仕事になりますが、これまでの経験を活かしてかほく市の戦力になっていただきますようお願いいたします。
 また、新規採用された皆さんには、今日からかほく市職員の仲間入りをしていただきました。まずはお祝いを申し上げたいと思いますし、歓迎も申し上げたいと思います。
 先程、皆さんそれぞれ決意を表明していただきました。大変心強く聞かせていただきました。このような多くの皆さんの前で話すというのは、緊張されたのではないかと思います。今日の決意、その思いをいつまでも忘れないでかほく市の職員として頑張っていただくようお願いを申し上げます。大きな期待も胸の中にあるでしょうし、不安もあって入り交ざった気持ちかと思いますが、先輩に可愛がっていただいて、1日でも早く仕事を覚えてかほく市の戦力になっていただくようお願いいたします。
 これから日々努力をしなければなりません。スタートラインは皆さん同じです。これからいかに努力し研鑽を積むかで、かほく市を担う職員になれるかどうかが決まると思います。
 また、異動の辞令も交付させていただきました。毎年ここで申し上げていますが、何を計画するのも人、それを実行するのも人であること、1人で全てできるわけではなくて、チームワークでその課の総合力を高め、部の総合力を高め、かほく市全体の総合力を高めていくということで、1人1人が努力を積み重ねていただきたいと思います。もちろん、新たな役割が皆さんそれぞれ当たることになりますし、課長は課長として、職員は職員として自分の役割をしっかりと果たすことを忘れないでいただきたいと思います。
 「まれ」の放映も始まりました。能登にとっては追い風になりますし、かほく市にとってもこの契機をしっかりと活かさなければいけないと思いました。その中でとても印象に残ったシーンがありました。まれの子役の子が「お父さん、1+1は2でしょ。いっぺんに100にはならないよ。お父さんはいつも夢ばかり見ているけれども、1+1を積み重ね地道にコツコツと仕事をすることが大切なんだよ。」と話していました。2日目も「地道にコツコツ」という言葉が出ました。今日の新聞にもこの言葉がキーワードになっていて、正に仕事にというのは一度に大きなことができるわけではなく、1つ1つ積み重ねて2になり3になり、そして100になるのだということをこの言葉が表していると思いました。私もいつも物事というのは出来ることから1つ1つ積み重ねていくことが大切だと言わせていただいていますが、皆さんの仕事も同じだと思います。1人1人が自分のしなければならないことを積み重ねていってかほく市全体の総合力を上げていくということを今年も皆さんにお願いしたいと思います。
 限られた財源です。それをいかに有効に使うかは皆さんの知恵にかかっています。また、今年度は総合戦略を作らなければならないということで、最も大切な仕事だと私は捉えています。それぞれの職員が、また、民間の皆さんの知恵を借りながらかほく市の総合戦略を作る。これは全国にある市町村、それから都道府県に課せられた課題です。そういった意味ではそれぞれの市町村の知恵比べの年だと捉えています。そこには、他の市町村・県に負けない戦略を作らなければならないと思っています。ただ、それを本当に大きなものにする必要はないと思っています。計画を作ることが目的ではなく、作成した計画がいかに市民の皆様にとって良いまちになるのか、そのことでまちが活性化され、人口減少が止まるような計画にしなければならない。良いまちを作るための計画でなければならないということです。皆さん1人1人の毎日の仕事によって、かほく市の魅力をアップさせることに繋がります。とにかく今年は知恵を試される年だという思いで1人1人頑張っていただきたいと思います。新規採用の職員の皆さんも「チームかほく」の一員として役割を果たして頑張っていきましょう。よろしくお願いします。


    お問い合わせ

    総務部 総務課 秘書室
    929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
    TEL:076-283-1110
    FAX:076-283-4644
    E-mail:hisyo@city.kahoku.ishikawa.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?