メニュー

平成27年度宇ノ気中学校卒業式

 本日ここに、かほく市立宇ノ気中学校を卒業される163名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 これまで皆さんを温かく見守り、導いてくださった先生方、ご両親、ご家族の皆様、そして後輩の皆さんとともに、今日の栄えある門出を心から祝福したいと思います。
 今、義務教育の課程を立派に終え、さらなる世界へ巣立っていかれる皆さんは、夢や希望に満ち溢れていることでしょう。しかし、同時に新たな環境への不安も感じているのではないでしょうか。今後、皆さんが夢や希望に向かって進んでいく道のりには、必ずと言っていいほど困難や試練が待ち受けています。しかし、この高松中学校で身につけた「公正・自主・敬愛」の精神があれば、力強く乗り越えていけるはずです。
 さて、皆さんもご存知かと思いますが、3月5日と6日に行われた女子バレーボール・Vチャレンジマッチにおいて、地元かほく市を本拠地とするPFUブルーキャッツがプレミアリーグのチームと対戦し、見事に初のプレミアリーグ昇格を決めました。
 バレーボールのプレミアリーグは、全日本チームのメンバーをはじめ、各国を代表するような外国人選手も参加して、しのぎを削る熱戦が繰り広げられる、日本バレーボール界の最高峰の舞台です。PFUブルーキャッツはこの舞台に至るまで、何度もプレミアリーグの壁に阻まれてきましたが、チームの皆さんのたゆまぬ努力とチームのスローガンである「一念通天」の想いが実を結び、悲願のプレミアリーグ昇格を現実のものとしました。
 この「一念通天」という言葉の意味は、「強い決意を持って、一心に努力し続ければ、その努力は必ず天に聞き届けられ、物事を成し遂げることができる。」ということであり、今回のPFUブルーキャッツの快挙は、強い決意を持ち、夢や目標に向かって一つ一つのことを着実に実行していくこと、そして努力し続けることの大切さを私たちに教えてくれました。
 また、かほく市でこのような素晴らしいチームが活動していることは、かほく市の誇りであり、そして、私たち市民をとても元気づけてくれます。皆さんも是非とも地元チームに愛着を持ち、これからも応援し続けてください。
 今、次のステージへ羽ばたいていく皆さんの可能性は無限大です。それぞれの夢、希望、目標の実現に向かって、常に前向きな姿勢で挑み続けていってほしいと思います。
 そして、これから出会うであろう多くの人達と友情を育み、共に励まし合い、時には競い合い、それぞれの未来を切り開いていっていただきたいと思います。
 最後になりますが、今日まで長い間ご指導、お世話をくださいました校長先生を始め諸先生方、そしてPTAや地域の皆様に厚く御礼を申し上げますとともに、これまで慈しみ育ててこられましたご家族の皆様に深く敬意を表し、心からお祝い申し上げます。
 本日、卒業される皆さんの、今後の更なるご成長とご活躍を心からお祈り申し上げまして、祝辞といたします。

市長祝辞


    お問い合わせ

    総務部 総務課 秘書室
    929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
    TEL:076-283-1110
    FAX:076-283-4644
    E-mail:hisyo@city.kahoku.ishikawa.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?