メニュー

第13回かほく市成人式

市長式辞

 新成人の皆様、ご成人おめでとうございます。
 輝かしい平成29年の幕開けとともに、本日ここに人生の節目としての成人式を迎えられました皆様に対しまして、ご来賓の方々とともに心からお祝いを申し上げます。また、皆様をここまで立派に育て上げられましたご両親やご家族をはじめ、温かく見守って下さいました地域の方々にも深く敬意を表したいと思います。
 皆様は、本日「成人式」という出発点に立ち、それぞれの夢や希望を胸に、決意を新たにされていることと思います。これから皆様は一人前の社会人として自らの判断で行動し、それに応じた責任が求められることになります。その自覚をしっかりと心に刻んで、これからの人生を歩んでいって頂きたいと思います。
 さて、私たちが生活する現代社会は、地球規模での環境問題や大災害の発生、人口減少・少子高齢化など多くの課題に直面しています。
 かほく市におきましても例外ではなく、乗り越えるべき課題は数多くありますが、合併してからこれまでの13年間、住みよさを実感できるまち、「安全」で「安心」して暮らせるまちの実現を目指して市政を進めて参りました。来たる3月からは14年目に入りますが、今後も地域、企業、行政が一体となって、住みよさや「安全」・「安心」はもとより、かほく市の更なる発展と、にぎわいあふれるまちづくりに全力で取り組んで参りたいと考えております。
 さて、皆様もご存知のように、昨年8月に、4年に1度のスポーツの祭典でありますオリンピックがブラジルのリオデジャネイロで開催されました。この大会で日本選手団が獲得したメダル数は、史上最多の41個となり、石川県出身の選手も3人がメダルを獲得するなど、数々の感動とドラマが誕生しました。
 中でも、陸上男子400メートルリレー決勝では、日本の「チーム力」が最大限に発揮され、37秒60というアジア新記録で歴史的な銀メダルを掴み取りました。
 日本チームは、100メートルのベスト記録で10秒を切る選手が1人もおらず、個々の走力では世界に比べて劣るものの、バトンを下から押し込むように手渡す、世界でも珍しい「アンダーハンドパス」を更に改良し、何度も練習を積み重ね、技術を高めて、世界一と言われる絶妙なバトンワークの「チーム力」によって、銀メダル獲得という快挙を成し遂げたわけであります。
 かほく市におきましても、未来への大きな発展を目指すとき、小さいながらも市全体で力を合わせ、まさに「チーム力」を発揮した「まちづくり」に取り組むことが大変重要であります。そのためにも皆様方のような若い世代の発想やエネルギーが必要になります。新たに成人となった皆様には、これから地域の行事や、文化・スポーツ活動などに、積極的に関わっていただき、ふるさとであるここ「かほく市」に更なる活力と元気を与えて頂ければと心から願うものであります。
 今後、皆様がそれぞれの道を歩んでいく中、壁にぶち当たったり、辛く苦しいときもあるかと思いますが、それらを乗り越え、経験を積み重ねつつ、生き生きと輝ける大人になって頂きたいと思います。
 また、何事においても努力し続けることがとても大切であることや、感謝する気持ちを決して忘れないことも心に留めて頂きたいと思います。そして、人に対する思いやりと、自己中心的ではない真の意味での自主性を持ち、夢や目標に向かってしっかりと進んで行って頂きたいと思います。
 最後になりますが、二十歳を迎えた皆様の若き情熱とたくましい行動力に大きな期待を寄せますとともに、皆様の前途が幸多きことをご祈念申し上げまして、式辞と致します。


    お問い合わせ

    総務部 総務課 秘書室
    929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
    TEL:076-283-1110
    FAX:076-283-4644
    E-mail:hisyo@city.kahoku.ishikawa.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?