メニュー

平成28年度河北台中学校卒業式

市長祝辞

本日ここに、かほく市立河北台中学校を卒業される118名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 これまで皆さんを温かく見守り、導いてくださった先生方、ご両親、ご家族の皆様、そして後輩の皆さんとともに、今日の栄えある門出を心からお祝い申し上げます。
 今、義務教育の課程を立派に終え、さらなる世界へ巣立っていかれる皆さんは、夢や希望に満ち溢れていることでしょう。同時に新たな環境への不安も感じているのではないでしょうか。今後、皆さんが夢や希望に向かって進んでいく道のりには、必ずと言っていいほど困難や試練が待ち受けています。
 しかし、この河北台中学校で身につけた「常に正しく」の精神があれば、力強く乗り越えていけるはずです。
 さて、現在、日本国内では、急速に進む少子高齢化により、本格的な人口減少時代の到来という社会構造の大きな転換期を迎えています。
 その影響により、働く世代の人口、つまり労働力人口が減少していくことが予測され、今後、人工知能などの新しい技術が日本の産業構造や就業構造に大きな変革をもたらすと言われております。
 例えば、自動車に人工知能を搭載し、自動的に走行することができる技術開発が現在進められており、近い将来、運転手が操縦を行わなくても自動で目的地まで到達する時代がやってくるかもしれません。また、これから20年後、30年後には、現在、人間が行っている仕事のうち半数近くにおいて、人工知能が搭載されたシステムや業務用ロボットなどが人間に代わって仕事を行う時代になるとも言われております。
 卒業生の皆さんはこれから、このような社会を生きていかなくてはなりません。そのためにも、これからは、物事を総合的に捉え判断する能力や、困難な課題に対する解決力、創造性豊かな発想力、コミュニケーション能力、あきらめずにねばり強く努力し続ける力など、より人間らしい能力、人間にしか出来ない力が求められることになり、こうした人間的な魅力を磨いていくことが大切になります。
 今、次のステージへ羽ばたいていく皆さんの可能性は無限大です。それぞれの夢、希望、目標の実現に向かって、常に前向きな姿勢で挑み続けていってほしいと思います。そして、これから出会うであろう多くの人達と友情を育み、共に励まし合い、時には競い合い、それぞれの未来を切り開いていっていただきたいと思います。
 最後になりますが、今日まで長い間ご指導、お世話をくださいました校長先生を始め諸先生方、そしてPTAや地域の皆様に厚く御礼を申し上げますとともに、これまで慈しみ育ててこられましたご家族の皆様に深く敬意を表し、心からお祝い申し上げます。
 本日、卒業される皆さんの、今後の更なるご成長とご活躍を心からお祈り申し上げまして、祝辞といたします。


    お問い合わせ

    総務部 総務課 秘書室
    929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
    TEL:076-283-1110
    FAX:076-283-4644
    E-mail:hisyo@city.kahoku.ishikawa.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?