メニュー

「かほく市通学路交通安全プログラム」を策定しました。

 平成26年2月27日(木)に通学路の安全対策を図るため標記プログラムを策定しました。
 これは、近年他県において集団登校の列に自動車が飛び込み、通学児童が犠牲となる交通事故が絶えないこともあり、本市の道路においても、国道159号及び河北縦断道路が幹線道路として南北方向に走り、これらを東西に結ぶ県道や市道によってはしご状の道路網が形成され、沿線には、6小学校、3中学校、1大学が点在しますが、これら通学路の一部には、必ずしも安全とは言えない箇所が見受けられました。
 そのため本市では、平成24年11月と平成25年11月、関係機関が連携し市内各小中学校の通学路における緊急合同点検の実施に併せて対応策を講じるなど活動して参りました。
 この緊急合同点検対策会議を一過性とせず地域をあげて継続的に通学路の安全対策に取り組むため本プログラムを策定しました。
 今後は、本プログラムに基づき、関係機関の連携を密に児童生徒が安全に通学できるように通学路の安全確保を図ります。また、本プログラムの具現化を図るため、既存かほく市通学路緊急合同点検対策会議で議論した関係者等を構成員とする「かほく市通学路安全推進協議会」を設置しました。
 協議会では、具体的な対策事例として国道159号の高松中学校通学路ではラバーポール設置や外側線の引き直しを実施したほか、河北台中学校通学路では左折車の巻き込みを防ぐため、地下道出口に飛び出し注意の路面標示や左折時歩行者注意の標識設置。県道高松・津幡線の宇ノ気小学校通学路では新たに歩行者空間を整備することが報告されました。

ダウンロード



お問い合わせ

産業建設部 都市建設課
929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
TEL:076-283-7104
FAX:076-283-7108
E-mail:toshiken@city.kahoku.ishikawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?